子供達の夢

親が知る子供の夢を育む取り組み

親が子供の夢を育む為に知ってもらいたいことをご紹介していきます。現代の教育では子供のなりたい夢を伸ばしていく教育が主流となっています。まずは夢の成立の流れを知ってみましょう。小学生の頃から社会・自然から得た感動体験から夢を設立させ、課題への自律的な行動を発達させていきます。その間に成功・失敗を沢山積み重ね、夢と自分との適正や社会の調整をしていくことになります。そして中学生で「なりたい自分」を設立させ、今の自分との違いを知り、これからの目標実現のための学習・行動に移っていきます。

子供の夢を親が膨らませてあげる

子供の抱く夢は、親・兄弟・家族親族・先生などの身近な人とのコミュニケーションで、社会的な存在の基盤をって多くの言葉を学び、周囲の環境への興味・好奇心を抱いて成長していくと言われています。「自分もあのようになりたい」という憧れから夢は成立するのですが、子供にとって将来の夢を見つける事は難しいことではなく、飛行機に乗ったら「パイロットになりたい」迷子になったらお巡りさんが優しく探してくれたら「お巡りさんになりたい」など普段の生活の中で自然と芽生えます。この時に親が気を付けるべき事は芽生えた子供の夢を親の価値観で否定したりせず、子供が自ら「自分には適正があるのか」「自分にもっと相応しい物があるのではないか」と学習できる支援を親がとっていくことが大事です。

子供自ら夢への課題をやり遂げる取り組みを親が支援する

子供が自ら見つけた夢に向かい努力する流れは、子供の「社会化」と言われるコミュニケーション能力もレベルアップし主体性が伸びる段階になったといえるでしょう。周囲・他者との交流を深める中で「成功」「失敗」を繰り返し、それでも最後まで達成する大切さを学びます。そうすると自分の課した課題でも他者から課された課題でも喜びを感じ、最後までやり抜く事を意識し、夢への成功には「やらねばならない事」を自分で導き出していくことになります。その「やらねばならない事」を自律的に課題の達成への取り組みを支援する事、これが「自分に向いている夢なのか」「何ができるのか」と自分と夢と適正を知って理解していくことになるのです。ここで大人の介入・先生の介入をいき過ぎないよう注意するべきなのです。